初めての方へ

A&Sリブレは特殊清掃、遺品整理を主に業務を行っています。
業務を担当するのは「遺品整理士」、「事件現場特殊清掃士」の資格を持つ専門的な知識や技術を持つ者ですので安心してお任せください。

私たちを頼りにされるのは大切な方を亡くされた方が大半です。そのお気持ちに寄り添い、新たな出発を全力でお手伝いさせていただきます。

孤独死や自殺など、事件や事故のあったお部屋の清掃には通常の清掃方法では対処できない臭いや汚れがあるため、ご遺族の方々で対応するのは困難を極めます。

そこで必要になるのが特殊清掃です。専門の技術と知識を持つ事件現場特殊清掃士が汚染物の除去や消臭、感染症の予防などを徹底いたします。

故人が大切にされていたものをご遺族に代わって整理・供養いたします。以前はご遺族で行われることがほとんどでしたが、ライフスタイルの変化によって専門業者にご依頼される方が増えています。

A&Sリブレでは、遺品整理士の資格を持つ者が形見分けをするものや供養するものなどを適切に見極めます。

Q.どのような現場でも大丈夫ですか?
A.司法行政により立ち入りが制限されている場合でなければ、事件現場やゴミ屋敷、孤独死など、幅広い現場に対応いたします。

Q.作業日数はどの程度かかりますか?
A.作業面積や現場の状況にもよりますが、通常の作業であれば1~2日で完了することがほとんどです。詳細な日数をご希望の方はお見積りをご依頼ください。

Q.悪臭がひどい状況を改善してもらえませんか?
A.科学的な方法で消臭しますので、ほとんどの場合は改善することができます。
ただし、完全に臭いが消えるまでは時間を要することがあります。

Q.ゴキブリやウジ・ハエなどの害虫の駆除をお願いできますか?
A.害虫の種類に応じた専門の殺虫剤を使用して作業いたします。

Q.近隣対策は大丈夫ですか?
A.近隣への配慮が必要な場合には、きちんと事前説明を行います。
近隣に知られたくない場合は事前にご相談ください。できる限り内密に作業を進めます。

Q.作業日に立ち会いは必要ですか?
A.必ず立ち会いが必要というわけではありません。
立ち会い出来ない場合でも責任をもって作業させていただきますのでご安心ください。

Q.遺品の分別や梱包はどこまですれば良いですか?
故人が生活されていたそのままの状態で構いません。
梱包のみお任せいただく場合は、残しておくもの、捜索品、配送品などをご指示ください。

Q.貴重品とは具体的にどのようなものですか?
現金や通帳・印鑑類、貴金属、郵便物、不動産権利証書、株券、写真類、リサイクルで買い取れるものが貴重品にあたります。これらはお客様からの指示がなくても、必ずご確認いただきます。

Q.遺品整理後の掃除はどの程度までしてくれますか?
A.掃除機をかけたり、拭き掃除といった、ご家庭でされるような清掃をいたします。
消臭・汚染物除去のような本格的な清掃が必要な場合は、別途ご依頼ください。

新型コロナウィルスの蔓延で、除菌や抗菌の必要性が以前よりも高まっています。
A&Sリブレでは世界初の技術を用いた光触媒での除菌を行っています。

光が当たることで強力な酸化作用を起こす光触媒の特性を活かし、有機化合物や細菌などを除去します。特許技術を使うことで光の入りづらい室内でも効果を発揮しますので、お住まいを丸ごと除菌することが可能です。